球春待たれる

球春待たれる

この時期、プロ野球のキャンプ情報が花盛り。とくにドラフト上位の新人選手の報道が目立ちます。同様にアマチュアの選手たちも「球春」に向けて、合宿、地元グラウンドでのトレーニングなりに励んでいます。東京の大学野球は、東京六大学と東都大学があり、どちらの加盟校も今頃は試験も終わり、いよいよキャンプインかというところです。「神宮球場ガイドブック」という、両大学野球連盟と、スワローズの情報が掲載されているパンフレットがあるのですが、それぞれの開幕に合わせて今頃は記事の執筆、写真撮影などで大忙しなのではないでしょうか。編集のみなさんお疲れ様です。